神戸で探す賃貸物件の種別

神戸で探す賃貸物件の種別

subpage01

神戸の不動産会社で賃貸物件の広告をチェックすると、物件の種別としてマンションやアパートなどの区分があります。物件を探す人の立場ですと、建物の造りや防音性能などについてマンションやアパートの種別を参考にするのが一般的です。
マンションには重厚な造りといったイメージが持たれることが多いのですが、物件種別のマンションやアパートには明確な規格や法律上の定義といったものはなく、不動産会社や大家さんサイドで表記内容を決めています。



不動産会社や大家さんとして該当の物件がマンションであればマンションとして広告が作られるということです。



しかし、物件種別には一般的なイメージがあります。


鉄筋コンクリート造りで耐火性能が高く建物が3階以上の物件はマンション、木造や準耐火構造で2階くらいまでの物件はアパートとされる傾向です。
中には建物の階数が少なくてもマンションといえるような造りの物件もありますので、広告の物件種別だけで判断してしまわず神戸の賃貸物件探しでは現地見学がとても重要になります。



神戸で賃貸物件を探していて気に入った物件が見つかったら不動産会社に申込みをして現地見学をしますが、現地見学では広告に記載されているマンションやアパートの区分に関わらず自分で防音性能などを確認することがポイントです。

防音性の確認では、隣室が空き部屋などで可能であればそこで携帯電話を鳴らしてみて自分が借りる予定の部屋にどの程度音が響くかなどチェックしておくと安心できます。


いまどきの住宅

subpage02

神戸で賃貸物件探しなら、不動産会社のお店に行くとたくさんの物件広告を閲覧することができます。たくさんある物件広告を1件ずつチェックするというやり方では、莫大な時間がかかってしまい非効率的です。...

NEXT

注目情報

subpage03

神戸で賃貸物件探しをしていると、物件広告の中に取引態様という区分があります。この取引態様というのは、不動産会社が神戸の賃貸物件にどういう立場で関わっているかを示すものです。...

NEXT

耳より情報

subpage04

神戸で賃貸物件探しをしていると、広告の中に最寄りの駅やバス停からの徒歩所要時間が記されていることがわかります。この所要時間は、一定定ルールに基づいて計算されているものです。...

NEXT

住宅をもっと知る

subpage04

神戸で賃貸物件を探していて、気に入った物件が見つかったら現地見学をします。物件の広告をチェックすると広さや間取り、方角、設備機器などを確認できますが、広告だけで決めてしまわずに現地見学は必ず必要です。...

NEXT