神戸の賃貸物件探しで現地見学をする - 神戸で探す賃貸物件の種別

神戸の賃貸物件探しで現地見学をする

subpage01

神戸で賃貸物件を探していて、気に入った物件が見つかったら現地見学をします。


物件の広告をチェックすると広さや間取り、方角、設備機器などを確認できますが、広告だけで決めてしまわずに現地見学は必ず必要です。



現地見学では、広告との違いがないかどうかを広さやレイアウト、備わっている設備などを中心に確認します。



巻き尺があると、部屋の実際の広さはじめ洗濯機置き場などのサイズも確認できて大変便利です。



広さについては、例えば物件広告で6畳とあっても思っていた広さと違うということがあります。
これは、畳の規格の違いが原因のひとつです。


畳には江戸間や中京間、団地間などいくつかの規格があり、同じ6畳でも規格により実際の広さが変わります。
こうした意味でも、神戸の賃貸物件探しでは現地見学が必ず必要です。

現地見学では実際に借りる部屋の中に目がいきがちですが、共用部分もかならずチェックします。

神戸で賃貸物件に入居すると、物件内は借りた人が自由に使える専用スペースと入居者が一緒に使う共用スペースがあり共用スペースは廊下やエレベーター、ごみ置き場などです。共用スペースを見れば、清掃など普段の管理状況や入居者のモラルなども知ることができます。


神戸の賃貸物件の現地見学では、物件内同様に周辺環境の確認も大切なポイントです。
そのためには、まずは最寄りの駅やバス停などから自分の足で歩いてみます。

自分の足で歩くことで実際の徒歩所要時間を知ることができますし、周辺の様子のチェックも可能です。